新電力会社の切り替えは10分で完了!よくある疑問に答えます

「新電力会社に切り替えすると安くなるってと聞くけど、手続きがよく分からないし、面倒そうだから止めておこう」と思っている方、めちゃくちゃ損してます。ケータイ電話やご自宅のネット回線の変更手続きはたしかに大変ですが、電力会社の切替手続きはとにかく簡単です。

切替先の電力会社が決まれば、申し込み手続きは10分で完了します。一度経験した方なら5分でできるでしょう。手続き自体も大変簡単です!

新電力会社への切り替え手順の大まかな流れを紹介します。

新電力会社への切替に必要な作業は「新電力会社のwebページから申し込みをする」だけです。切替先の電力会社がすべての作業を代わってやってくれる仕組みになっているので、新電力会社への申し込み手続きを行うだけで、あとは切り替えが完了するのを待つだけです。

切替先の電力会社が下記の作業を行ってくれます。

  • 現在、契約中の電力会社の解約手続き
  • スマートメーター未設置の場合は、スマートメーター交換に関わる手続き
  • 新電力会社の利用開始に伴う事務処理

上記の通り、新電力会社が必要な作業をすべてやってくれるので、利用者は「新電力会社の申し込み」するだけでよいのです。「新電力会社に申し込み手続き」について詳しく紹介いたします。

新電力会社に申し込み手続き方法。必要な情報と手続き手順を紹介します。

電力会社の切り替えの申し込みに必要な情報はこちらです。

①現在契約中の電力会社の名前
②現在契約中の電力会社のお客様番号
③現在契約中のプラン
④現在契約中の契約容量
⑤供給地点特定番号

あとは、名前、住所、連絡先、支払い情報(クレジットカードなど)です。

これらの5つの情報は、すべて電力会社の「検針票」に記載されています。こちらは東京電力の検針票です。

東京電力の検針票

すでに「新電力会社」を利用中の方は、現在契約中の新電力会社のHPのMY pageなどでで確認することができます。下記は、新電力会社の一例として「楽天でんき」のMYページの画面です。

こちらも、必要な情報がすべて記載されています。

あとは、切替先の新電力会社のHPからこれらの情報を記入するだけで、乗り換え手続きは完了です。実に簡単です。このたったの10分で、毎月のでんき料金を抑えることができるのです。やらなきゃ損なのは間違えないです!

でも、まだまだ疑問なことや不安なことがあるでしょう。よくある切替に関するQAをまとめてみました。参考になる情報があれば嬉しいです。

新電力会社への申し込み(切替)に関するよくある質問

供給地点特定番号とはなんですか?

電気用の「電話番号」みないなモノです。相手の電話番号を知らないと、電話をかけることができないと同様に、供給地点特定番号が分からないと、電気を送ることができません。

スマートメーターとは?

電話を受けるには「電話機」が必要です。でんきを受けるのに必要なのが「スマートメーター」です。ご家庭ごとに設置されています。「スマートメーター」の機能は盛りだくさんです。

・でんきをどれくらい使ったのかを測定し、30分単位の電力量を測定しています。
・通信機能を持っていて、測定した電力量は自動的に電力会社に通知されます。
・契約アンペアを遠隔地から変更することができる。

今までのアナログ式の電気メーターでは、検針員が自宅に訪れて月に1回どれくらい電気を使ったかを確認していました。しかし、スマートメーターは通信機能があるため、検針員がわざわざ訪れる必要がなくなりましたし、電気使用量は月単位から30分単位で確認できるようになりました。

なお、このスマートメーターは、新電力会社の持ちモノではなく、電気を配送だけを行う会社「 一般送配電事業者 」が管理しています。電線や電柱と同じです。 この一般送配電事業者とは、関東エリアの場合は東京電力パワーグリッド株式会社という会社で、東京電力の子会社になります。

新電力会社を利用している場合は、一般送配電事業者がスマートメータで測定した電気量の情報を新電力会社に通知します。新電力会社がその電気量に応じて、我々に電気料金を請求するという流れになってます。

申し込みをしてから開通までどれくらいかかるの?

申し込みタイミングにもよりますが、1週間から1か月半くらいになります。

でんき料金の支払いは月単位で行われて、その月の切り替え日はご家庭によって違います。我が家の場合は、下記の検針票の通り、12月21日~1月20日となっており、毎月20日締めとなってます。

この月の締め日は、新電力会社に変更しても変わりません。この締め日のタイミングで電力会社の切替が行われます。

新電力会社への申し込み後に、新電力会社では申し込み内容の確認や現在の電力会社への解約手続きを行います。その後にタイミングよく検針日がくれば、切り替えが完了します。

この場合、申し込みから1週間程度で乗り換え完了するようです。そのタイミングが悪いとその1か月後の締め日のタイミングで切り替えが行われます。

このため、新電力会社への切替は、申し込みタイミングで変わり、 1週間から1か月半くらい かかることになります。

なお、スマートメーターが未設置の場合は、設置工事が必要となるため、切替までの時間がかかってしまいます。

現在、契約中の電力会社の解約はどうすればよいの?

記載の通り、乗り換え先の新電力会社から、契約中の電力会社へ連絡が行き、解約手続きをしてくれるので、ご自身で解約手続きは不要です。

乗り換えにかかるお金はかかるの?

無料です。

工事は必要なの?

新電力会社を利用する場合には、スマートメーターが必要です。もし、スマートメーターが設置されていない場合は、スマートメーターに交換する工事が必要です。スマートメーターは、各エリアの一般送配電事業者の所有物になります。

新電力会社に申し込みをすると、新電力会社から一般送配電事業者に連絡が行き、スマートメーターへの交換の工事を行います。スマートメーターは屋外にあるので、工事の立ち合いは不要です。

電力会社の切り替えタイミングで停電はしないの?

停電しませんのでご安心ください。新電力会社の「でんき」が、そのまま、各ご家庭に流れてくるわけではありません。様々な電力会社が供給している「でんき」が混じって、送電線から各ご家庭へ常時流れているので、切り替えタイミングで停電するようなことがありません。

いつ切替すればよいの?

切替はいつでも可能です。ただし、現在ご利用中の電力会社が解約金がかかる場合があるのでご注意ください。当サイトでは、各電力会社の紹介ページに「解約金の有無」を掲載していますので、ご参考ください。

電力会社の乗り換えで解約金や違約金は発生しますか?

ご利用中の電力会社によって、解約金が発生する場合があります。乗り換えをする際に解約金が発生するかどうかをお問い合わせください。当サイトでは、各電力会社の紹介ページに「解約金の有無」を掲載していますので、ご参考ください。

また、乗り換え時に入会特典(キャッシュバックなど)があった場合、電力会社によっては数か月利用後にキャッシュバックされるなど、入会特典を得られる条件がある場合がありますので、注意が必要です。

アンペアの変更はできるの?

変更可能です。現在契約中の電力会社でも、新しく切り替えする電力会社でもアンペアの変更は可能です。カスタマーサポートに連絡し、アンペア変更の申し込みを行ってください。

アンペアの変更は、スマートメーターの有無によって異なります。スマートメーターであれば、遠隔地から変更が可能です。スマートメーターがまだ設置されていない場合は、工事が要があります。

工事といっても、簡単な作業で、1時間もかかりません。立ち合いも不要でた、工事費用も無料です。

注意点としては、新電力会社の中には、10Aや15Aなど小さなアンペアの契約ができない場合があります。もし、小さなアンペアで十分な場合は、乗り換え先の電力会社で契約可能かを確認してから申し込みするとよいでしょう。

賃貸のマンション、アパートの部屋でも乗り換えは可能ですか?

マンション・アパート・一軒家でも電力会社の乗り換えは可能です。ただし、一部のマンションやアパートでは、電力会社と一括で契約をしている場合があります。その場合は、自由に電力会社を選ぶことができません。不明な場合は、マンションの管理会社などへお問い合わせください。

また、スマートメーターが未設置であった場合、スマートメーターへの交換が必要なのですが、スマートメーターは電力会社の所有物ですので、大家さんの許可も特別な場合以外は必要ありません。

まとめ:新電力会社の申し込みはたったの10分。面倒だと思っている方は損してちゃってます。

新電力会社の申し込み手続きは、HPから申し込みするだけのたった10分で完了する作業のみです。あとの手続きは、全部、新電力会社がやってくれます。10分の作業で、毎月の電気代をお安くなります。

ご家庭の固定費を削減したい!ということは、是非、新電力会社へ乗り換えしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました