カーシェアの保険はどれだけ補償されるのか?

カーシェアでは、対人・対物などの一般的な保険は追加料金が必要なく、通常の利用料金内で含まれています。

ただし、カーシェア各社でその補償内容が少しずつ異なりますので、自分にとって十分な補償内容であるかをしっかり確認しておきましょう。

また、補償範囲を増やせる有料サービスを提供している会社もいます。

カーシェア各社で補償内容が少しずつ違うので、比較してみたいと思います。
(本サイトに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性、有用性、完全性等、 如何なる保証をするものではありません。 たとえ掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。 本サイトを利用する事によって生じたあらゆる不利益または損害に対して、一切責任を負いません。各社のHP参照、お問い合わせをお願いいたします。)

カーシェア各社の保険・補償内容

対人、対物、車両に対する補償は各社同じとなっています。
人身損害の補償は、カーシェア会社により違いがあり、タイムズカーシェアは他社に比べて少し手厚い内容になってます。

  dカーシェア オリックス
カーシェア
タイムズ
カーシェア
カレコ
対人 無制限 無制限 無制限 無制限
対物 無制限 無制限 無制限 無制限
車両 時価額 時価額 時価額 時価額
人身損害 3,000万円まで 3,000万円まで 無制限 6,000万円まで

・対人補償:他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償
・対物補償:他人の物や車に損害を与えた場合の補償
車両補償:車両に損害があった場合の補償
人身傷害補償:ご自身や同乗者が死傷した場合の補償

また、カーシェアでは、利用者の過失により、事故を起こししまったり、車内を汚してしまったり、照明の消し忘れによりバッテリーが上がったりした場合は、カーシェア会社は清掃や修理を行う必要となるため、その清掃や修理費用が請求されます。

さらにクルマを清掃・修理する場合は、一定期間はそのクルマでの営業ができなくなってしまうため、カーシェア会社は営業補償(NOCと言います)として費用が請求されてしまいます。

ノンオペーレションチャージ(NOC)及びペナルティ

NOCとは、ノンオペーレションチャージの略。
事故や過失等により、クルマに損傷を与えた場合に、その車がつかえずに利益を得ることができないため、その分の一部を利用者に対して請求するというものになります。

これは、カーシェア会社の損害の程度や修理期間にかかわらず、一律の金額となってます。

また、様々なケースでペナルティが課せられます。請求されて仕方ないなぁと思うものから、うっかりミスでやりかねないモノもあり、注意が必要です。

オリックスカーシェア

消灯忘れ、駐車券取り間違えは、いつかはやってしまいそうです・・・・

事故 50,000円
自走不可の場合
20,000円
自走可能な場合
忘れ物 オリックスカーシェアが忘れ物を回収する場合
5,000円+実費
緊急出動費用 5,000円/回
送料(着払)実費
車両の汚損 1 嘔吐物・喫煙・その他異臭がある場合
(車内消臭やシートのシミ抜き等のクリーニングが必要な場合)
50,000円
原状回復費用 30,000円/回
ノンオペレーションチャージ
車両の汚損 2 上記クリーニング以外の車両清掃
8,000円
緊急出勤費用 5,000円/回
原状回復費用 3,000円/回
正しく駐車していない ・返却予定ステーションと同じ駐車場敷地内で、駐車枠を間違えた場合
・第三者から車枠内に正しく駐車されていないと指摘があった場合
6,000円
緊急出動費用 5,000円/回
車両移動費用 1,000円/回
消灯忘れ ライトやルームランプの消灯忘れ
8,000円+バッテリー交換の場合10,000円
緊急出動費用 5,000円/回
原状回復費用 3,000円/回
バッテリー交換の場合 10,000円
駐車券取り間違え 定期駐車券(パスカード)で入出庫するステーションにおいて、誤って一般駐車券で入庫し、次に予約している会員さまが出庫できなくなった場合
10,000円
緊急出動費用 5,000円/回
駐車料金の精算に関わる費用 5,000円/回
備品紛失 定期駐車券や給油カード、ステーション設置備品の紛失、破損
20,000円+実費
原状回復費用
実費相当額/枚(個)
ノンオペレーションチャージ
車両の放置 返却予定ステーションとは異なる場所に、故意に車両を放置した場合
実費相当額×300%
車両返還場所変更違約料
実費相当額×300%/回

オリークスカーシェアの公式サイトはこちら↓

「オリックスカーシェア」の公式HPへ

「みんなの優待」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

dカーシェア

dカーシェアは、オリックスカーシェアと同じです。
ただし、オリックスカーシェアとの差別化なのでしょうか?
「あんしん補償サポート for dカーシェア」という無料の補償サービスが付いてきます。

あんしん補償サポート for dカーシェア

1.事故におけるNOC免除
免除
2.タイヤパンク
損傷タイヤの修理代 またはタイヤ代無償
3.鍵のインロック
無償
4.利用中のバッテリー上がりに伴う現地ジャンピング費用
無償
5.事故等のレッカー対応
無償
6.ガス欠での現地給油
無償
7.事故・故障時の代車費用
レンタカー費用負担または近隣カーシェアへ無償振替
※事故時の対応は1年間(4月~翌3月)に1回限り
※自走できない事故・故障のみ

dカーシェアの公式サイトはこちら↓

「dカーシェア」の公式HPへ

「みんなの優待」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

タイムズカープラス

タイムズカープラスのペナルティです。
実費が明確じゃないのがちょっと不安ですが、内容的には他社と同様と言えるでしょう。

項目 内容 申受金額
事故時 自走可能の場合 NOC(2万円)
自走不能の場合 NOC(5万円)
忘れ物 当社が忘れ物を回収する場合 実費+NOC(2万円)
汚損 煙草の臭いの除去 実費+NOC(2万円)
ペットの毛や臭いの除去
嘔吐された場合、灯油を積載した場合の清掃ならびに臭い除去
ごみの回収
紛失 パスカード 実費
キー(車両) 実費+NOC(2万円)
キー(キーボックス)
ガソリンカード 実費
ガソリンキャップ
アンテナ
その他
乗り捨て※ 故意に乗り捨てたものおよび返却場所間違い 実費(保管料+移動費)+NOC(2万円)+車両を当社で定位置まで戻した時間までの延長料金
降雪で車両を戻せない場合の移動費 25,000円
バッテリーあがり ご利用中に発生した場合 実費
混油 油種を間違えて給油された場合 実費+NOC(2万円)
車両内破損 スイッチ類など 実費+NOC(2万円)
破損 タイヤ 実費

TCP安心補償サービス

309円/利用毎を支払うことで、補償内容を拡大すること可能です。

タイムズカーのTCP補償内容

タイムズカープラスの公式サイトはこちら↓

「タイムズ・カーシェア」の公式HPへ

「みんなの優待」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

カレコ

事故を起こしてしまった場合に請求される金額は下記のとおりです。

自走して所定のステーションに返還された場合 20,000円
自走不可能な場合              50,000円

ただし、下記の注意が必要です。
1回事故ってしまったら、他社に乗り換えがよいのでしょうか・・・
もちろん事故を起こさないように安全運転が重要ですが。

1回目の事故から2年の間に複数回の事故を起こされた場合には、2回目以降の事故の車両修理費について、以下免責額の範囲内の修理費用について会員さまにご負担いただきます。
自走可能な事故の場合  50,000円
自走不可能な事故の場合 100,000円

サービス停止につながる下記のケースは、一律「20,000円」のようです。

項目 内容
忘れ物 会員の依頼により緊急で当社が回収をする場合
汚損・臭気など 煙草・灯油などの臭いの除去
ペットの毛などの清掃、臭いの除去
嘔吐物の清掃、臭いの除去
ゴミの回収、清掃など
紛失 シェアカーの鍵、駐車場のパスカード・リモコンキー
給油カード
バッテリーあがり バッテリー交換が必要になった場合
破損 ナビ・オーディオ機器、ETC車載器の破損
チャイルドシート、スイッチ類その他の部品、装置などの破損
混油 油種を間違えて給油された場合
返還場所間違い 所定のステーションと違う場所に返還した場合
返却方法間違い 定期駐車券を利用するステーションにて、一般駐車券で入庫し返却した場合
パンク 当社で修理をした場合
燃料不足 残量不足のまま返還し貸出しができない場合
電気自動車において返還時に充電設備に接続せず充電不足となった場合

カレコの緊急出動を要した場合の下記のケースは、「8,000円/回+実費」になるようです。

項目 内容
ライト消し忘れ 車内外のライトの消し忘れ
停め直し対応 駐車枠を踏む、またははみ出して返還した場合
破損 ステーション設置物の破損
窓の閉め忘れ 窓を開けたまま返還した場合

トラブルあんしんサポート

項目 非加入時の請求金額 加入時
1.営業補償(ノン・オペレーションチャージ) 2万円/5万円 免除
2.タイヤパンク 実費金額 免除
3.バッテリー上がり 実費金額 免除
4.キーのインロック 実費金額 免除
5.上記2~4にかかる緊急出動費 8,000円 免除
6.搬送費 タイヤパンク等における搬送実費金額 免除

カレコの公式サイトはこちら↓

「カレコ」の公式HPへ

 

保険・補償が適用されないケースとは?

保険・補償はどんな時に受けられるのでしょうか?
保険・補償を受けられないケースがありますのでご注意ください。
どんな場合に保険・補償が適用されないのでしょうか?

  1. 事故時に警察およびカーシェア会社に連絡をしなかったとき。
  2. 予約した会員もしくはカーシェア会社に追加運転者として連絡していない方が運転していたとき
  3. 無断延長時
  4. 無免許・飲酒・薬物などの法令違反
  5. 無謀運転などの故意の事故

まとめ

各社ともに基本的な補償は、利用料金の中に含まれており、あんしんですが、
少しずつその補償内容が異なっています。特徴的なのは以下の点でしょうか?

  • dカーシェアは、無料の「あんしん補償サポート for dカーシェア」が付与されるのは大きいですね。
    事故の際のNOC費用も免除ですし、事故時のレッカー移動費用も免除、うっかりミスのキーロックやガス欠も請求されないのは大きいですね。

dカーシェアを利用するならこちら↓
「dカーシェア」の公式HPへ

「みんなの優待」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

  • 家族や友人と多く人と一緒に運転する機会が多い方は、人身損害が無制限の「カレコ」がよさそうでしょうか?
  • カレコは1度車両補償を使ってしまったら他社に乗換えするのがよいかもしれません。2年間の間に2回目以降の事故は高額なNOCとなるようです。当然、事故を行さないことが重要です。

1回目の事故から2年の間に複数回の事故を起こされた場合には、2回目以降の事故の車両修理費について、以下免責額の範囲内の修理費用について会員さまにご負担いただきます。
自走可能な事故の場合  50,000円
自走不可能な事故の場合 100,000円

カレコを利用するならこちら↓

「カレコ」の公式HPへ

 

  • 今回、補償内容について各社細かく調べて気づいたいのですが、「パンク」に対して修理費用が実費ということです。縁石に乗り上げてしまってパンクしてしまったら納得ですが、すり減った結果パンクになってしまっているのならば、納得いかない。。。
    きっとレッカーもしなければならなくなり、高額請求になりそうです。
    カーシェアを利用開始する際はタイヤのチェックも必要すべきですね。
    ボディのキズのチェックをちゃんとしてましたが、タイヤチェックは盲点でした。カーシェアの利用開始前のチェックは、ボディのキズだけじゃなく、タイヤの擦り具合やキズもよくチェックをしましょう。なお、dカーシェア、タイムズカープラスの「TCP安心補償サービス」加入時、カレコの「トラブルあんしんサポート」加入時の際は、パンクも補償対象内です。

[免責事項]

本サイトに掲載されている文書及び内容に関して、その正確性、有用性、完全性等、 如何なる保証をするものではありません。 たとえ掲載内容に誤りがあった場合も一切責任を負いません。 本サイトを利用する事によって生じたあらゆる不利益または損害に対して、一切責任を負いません。各社のHP参照、お問い合わせをお願いいたします。

各社の補償内容は細かいので、補償内容を比較してカーシェア選びを正直難しいところかと思います。まずは、カーシェアを使い始めてから、使い勝手など慣れてきたら、自分になったカーシェア会社を探してみるのがおすすめです。

カーシェア選びに困ったら、まずは「dカーシェア」から始めるのがおすすめ!

https://setsuyaku-life.work/recommend_dcar/