レンタカーで長距離移動する場合に「格安料金」でクルマを借りる方法

家族との旅行、友人と温泉やスキーなどの旅行、もちろん一人旅行、レンタカーを利用して長距離の移動がある場合、ガソリン料金が気になるでしょう。

また、高速道路を利用する場合、ETCカードがあればお得なETC料金で高速を利用できるので、ETCカードが利用できるかどうかも気になることでしょう。

クルマを安くレンタルしたい!
長距離利用でも安く済ませたい!
ETCカードを持っていないけどETC料金で高速道路を利用したい!

という方向けに、おすすめのクルマのレンタルサービスを紹介いたします。

結論からいうと、おすすめは「e-シェアモビ」というカーシェアサービスです。

「e-シェアモビ」は上記の3つをすべてに満たしています。

それでは、「e-シェアモビ」について紹介していきましょう。

「e-シェアモビ」とは日産が提供するカーシェアサービス

「e-シェアモビ」とは、日産が提供するカーシェアサービスです。

全国に約580箇所(2019年4月)にあるカーステーションに「リーフ」「ノートe-power」「セレナ e-power」の3車種を配備し、事前登録しておいた免許証を使って、24時間(一部のカーステーション除く)クルマの貸し借りができるサービスです。

e-シェアモビの主な特長
「ガソリンや充電にかかる料金」や「移動距離に応じた距離料金」は不要。利用時間に応じた料金だけで、どれだけ長距離移動をしても追加料金はかかりません。

 ETCカードは常備されており無料で利用可能。高速料金は自分で支払う必要がありますが、ETCカードのレンタル料は無料なのでETCカードを持っていない人でもお得なETC料金で高速道路を利用できます。

「リーフ」「ノートe-power」「セレナ e-power」はいずれも新しい車種。新しい車種なので様々な先進機能を充実しており、安全に疲れず楽に運転ができます。

特長は分かったけど。。。
結局、他社に比べて、安いの?

というのが気になるところかと思います。

レンタカーや他のカーシェアサービスとの料金を比較していきましょう。

長距離運転するなら「e-シェアモビ」がおすすめ!レンタカーと他社カーシェアサービスとの料金比較

レンタカーと他のカーシェア会社と比較する上での前提条件

以下の3つのパターン(ユースケース)で計算してみます。

日帰り~1泊2日で長距離運転をするパターンです。

  利用シーン 利用時間 総走行距離
パターン1 「都内~箱根」の日帰り温泉旅行 12時間 200km
パターン2 「都内~白馬」の1泊スキー旅行 36時間 500km
パターン3 都内~大阪」「大阪~白馬」の2泊温泉・スキー旅行 60時間 1,000km

上記の3つパターン(ユースケース)に対して、下記のレンタカー会社及びカーシェア会社と比較します。

・レンタカー会社
 - 日産レンタカー
 - ニッポンレンタカー

・カーシェア会社
 - タイムズカープラス
※タイムズカーププラスはカーシェア業界でNo.1会社。

コンパクトカーを利用

日帰り(12時間)利用で200km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ リーフ/ノートe-power ¥7,600 ¥7,600
日産レンタカー リーフ ¥10,206 ¥10,206
ニッポンレンタカー アクア 21 ¥8,424 ¥1,267 ¥9,691
タイムズカープラス フィット 15円/km ¥6,690 ¥3,000 ¥9,690
1泊2日(36時間)利用で500km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ リーフ/ノートe-power ¥17,200 ¥17,200
日産レンタカー リーフ ¥23,058 ¥23,058
ニッポンレンタカー アクア 21 ¥18,360 ¥3,167 ¥21,527
タイムズカープラス フィット 15円/km ¥12,000 ¥7,500 ¥19,500
2泊3日(60時間)利用で1000km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ リーフ/ノートe-power ¥24,800 ¥24,800
日産レンタカー リーフ ¥33,264 ¥33,264
ニッポンレンタカー アクア 21 ¥26,784 ¥6,333 ¥33,117
タイムズカープラス フィット 15円/km ¥20,000 ¥15,000 ¥35,000

ミニバンを利用

日帰り(12時間)利用で200km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン料金
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ セレナe-power 15km/L ¥7,600 ¥7,600
日産レンタカー セレナe-power 15km/L ¥15,066 ¥1,773 ¥16,839
ニッポンレンタカー シエンタ 12km/L ¥9,936 ¥2,217 ¥12,153
タイムズカープラス セレナ 10km/L 15円/km ¥6,690 ¥3,200 ¥9,890
1泊2日(36時間)利用で500km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン料金
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ セレナe-power 15km/L ¥17,400 ¥17,400
日産レンタカー セレナe-power 15km/L ¥35,478 ¥4,433 ¥39,911
ニッポンレンタカー シエンタ 12km/L ¥22,896 ¥5,542 ¥28,438
タイムズカープラス セレナ 10km/L 16円/km ¥12,000 ¥8,000 ¥20,000
2泊3日(60時間)利用で1000km走行
会社名 車種 実燃費 距離料金 利用料 ガソリン料金
充電料金
距離料金 合計金額
e-シェアモビ セレナe-power 15km/L ¥25,000 ¥25,000
日産レンタカー セレナe-power 15km/L ¥50,544 ¥8,867 ¥59,411
ニッポンレンタカー シエンタ 12km/L ¥32,832 ¥11,083 ¥43,915
タイムズカープラス セレナ 10km/L 16円/km ¥20,000 ¥16,000 ¥36,000

どのパターンも「e-シェアモビが最も安い」という結果でした。
しかも、断トツに安い。

もう少し詳しく比較して分かることは、

レンタカー会社は料金が高い。
利用時間に応じた料金は、タイムズカープラスが一番安い。
移動距離が少ないときは、タイムズカープラスがお得。
移動距離が多いときは、e-シェアモビが一番安い。

となっている。

レンタカーやカーシェア各社の料金表を見る

レンタカーやカーシェア各社の料金表を見る

e-シェアモビの料金表

  時間料金 距離料金
  リーフ/ノート e-power セレナe-power
12時間パック 7,600円 7,600円 0円
24時間パック 9,600円

9,800円

0円

※月額無料プランの料金

日産レンタカーの料金表
  コンパクト
(リーフ)
ミニバン
(セレナ e-power)
12時間パック 10,206円 15,066円
24時間パック 12,852円 20,412円
以降、1日 10,206円 15,066円
追加1時間 1,890円 2,138円
ニッポンレンタカーの料金表
  コンパクト
(アクア)
ミニバン
(シエンタ)
12時間パック 7,776円 9,288円
24時間パック 9,288円 12,312円
以降、1日 7,776円 9,288円
追加1時間 1,404円 1,620円

※スーパーレッドメンバ料金

タイムズカープラスの料金表
  コンパクト
(フィット)
ミニバン
(セレナ)
12時間パック 6,690円 6,690円
36時間パック 12,000円 12,000円
60時間パック 20,000円 20,000円

距離料金が、走行距離1kmごとに16円追加

補償料金やETCカードレンタル料などその他の料金

「クルマのレンタル料金」や「ガソリン料金や距離料金」を比較しましたが、それ以外にも下記のオプション料金や追加料金が発生する場合があります。

オプション

・補償内容充実オプション
・NOC免除オプション
・ETCカード貸出オプション

追加料金

・深夜料金

補償内容充実オプションの内容と料金

物を壊したりクルマにキズをつけたりしてしまった場合には、免責額が設定されています。

※「免責」とは、物を壊してしまって修理代は全額支払う必要はなく、免責額のみを許してくれるというものです。

免責額はレンタカー会社、カーシェア会社により異なります。
この免責額を0円でできるオプションサービスです。

e-シェアモビ、タイムズカープラスがもともと免責額0円なので◎!

 

免責額

免責額0円にするオプションサービスの料金

備考

e-シェアモビ

0円

なし

日産レンタカー

対物:5万円

車両:5万円

1,296円~2,160円

オプション名:免責補償制度

車種により金額が異なります。

ニッポンレンタカー

対物:5万円

車両:5万円

1,080円

オプション名:車両対物事故免責額補償制度(CDW)

タイムズカープラス

0円

なし

 

NOC免除費用

NOCとは、クルマをひどく汚してしまった。事故を起こしてしまった場合に、清掃や修理のためにしばらくクルマが利用できなくなるため、その分の営業補償をする金額になります。

NOCの費用はいずれの会社も下記の通りです。

・自走して返却できる場合:2万円
・自走できず返却できない場合:5万円

このNOC費用を0円にできる”NOC免除サービス”が各社から提供されています。

多少の金額差はありますが、だいたい同じような料金となっている。

料金

備考

e-シェアモビ

324円/24時間

オプション名:NOCサポートプラン

日産レンタカー

540円

オプション名:NOCサポートプラン

日産安心サポート、免責補償制度加入時は、324円

ニッポンレンタカー

432円/日

オプション名:NOC補償制度(ECO)

タイムズカープラス

309円/日

オプション名:TCP安心補償サービス

トラブル補償サービス

パンクしてしまった!バッテリが上がってしまった!キーロックしてしまった!といったトラブルが起きた時に補償してくれるオプションサービスです。

料金

備考

e-シェアモビ

一部、日産が負担。

日産レンタカー

540円~2,700円

オプション名:日産安心サポートプラン(NAS)

ニッポンレンタカー

およそ800円/日

オプション名:安心サポート

タイムズカープラス

309円/日

オプション名:TCP安心補償サービス

ETCカードレンタル費用

料金

備考

e-シェアモビ

無料

日産レンタカー

324円

ニッポンレンタカー

324円

タイムズカープラス

なし

自分で準備する必要あり。

深夜料金

レンタカーで深夜にクルマの貸し借りを行うと深夜料金がかかる場合があります。

深夜料金

備考

e-シェアモビ

なし

日産レンタカー

1,080円

(2,160円)

22:00~4:59の間に貸し借りした場合。

両方の場合は、共に料金発生

ニッポンレンタカー

1,080円

23:00~4:59の間に貸し借りした場合。

両方の場合でも同額。

タイムズカープラス

なし

日産レンタカー、ニッポンレンタカーはいろいろとオプションをつけていくと、どんどん料金が高くなっていきます。

一方、e-シェアモビ、タイムズカープラスは、一部追加料金が必要ですが、多くは追加料金なく、最初から安心な補償内容となっています。

以上の通り、冒頭に記載した3つをe-シェアモビは満たしているのです。

クルマを安くレンタルしたい!

長距離利用でも安く済ませたい!

ETCカードを持っていないけどETC料金で高速道路を利用したい!

e-シェアモビの料金面以外のメリット・デメリット

e-シェアモビのメリット「どれも新しい車種」

e-シェアモビで利用できるクルマは、「リーフ」「ノートe-power」「セレナ e-power」の3車種ですが、それぞれの発売日は御覧の通り、発売されてから3年未満なので、どの車に乗ってもきれいですし、最新の先進技術を搭載しています。

  • リーフ(2代目 ZE1型):2017年10月2日~
  • ノート e-power 2016年11月2日~
  • セレナ e-power 2018年3月1日~

e-シェアモビのデメリット「カーステーション数が少ない」

e-シェアモビを利用できるカーステーションは580か所と他社に比べて圧倒的に少ない状況です。

料金面の大きな優位性を考えると、ちょっと遠くても借りに行く価値はありますが、やはり近くにあると楽ちんですね。

e-シェアモビのデメリット「リーフは充電に時間がかかる」

ガソリンスタンドが混雑していなければ、ガソリン給油時間は5~10分もあれば十分でしょう。
しかし、充電は御覧の通り時間がかかってしまうはデメリット。

また、充電スポットは全国29,700箇所と昔に比べるとかなり普及してますが、ガソリンスタンドの数に比べると圧倒的に少ないです。

また、e-シェアモビはカーシェアです。
カーシェアならではメリットやデメリットがあります。

>> カーシェアの6つのメリットとレンタカーの3つのメリット

【余談】都内⇔大阪・京都限定の24時間レンタル料金2,160円の「片道GO」

都内から大阪・京都、もしくは大阪・京都から都内への片道(ワンウェイの乗り捨て限定)ですが、トヨタレンタカーから24時間のレンタル料金が2,160円という「片道GO」というサービスを提供しています。

48時間4,320円プランもあり。

都内⇔大阪・京都間のいろんな観光地を周回しながら、ぶらぶらと旅をする場合にはおすすめかもしれません。

新潟や北陸などを廻ってみるのもおもしろいでしょう。

通常、レンタカーの場合、乗り捨てする場合は追加料金がかかります。
都内~大阪の場合は47,250円です。
「片道GO」の場合、この乗り捨て料金はかかりません

ただ、当然、ガソリン代、高速料金は自分で支払う必要があります。

高速道路を使って、寄り道せず都内⇔大阪間を移動するとなると、

・ガソリン代:4,000円程度(燃費20km/L程度の場合)
・高速料金:11,000円程度(ETC料金8,000円程度)

の料金がかかります。

ぶらぶら周回するのにおすすめでしょう。

まとめ

長距離の移動をする場合に利用するなら断然「e-シェアモビ」がお得です。
日産の先進的な車に乗れるのも魅力的です。

ただ、移動距離が少ない場合は、「タイムズカープラス」のように他のカーシェア会社のお得です。

日産のカーシェア「e-シェアモビ」はこちら。

【おすすめ記事】

カーシェアを利用するなら、お得で便利なカーシェア会社を利用したい! カーシェアについて色々調べてみたけど、どのカーシェア会社が一番...
年に何回かしかカーシェアを使わない利用頻度の少ない方は、月額料金のかからないカーシェアがおすすめです。 「料金表」と「料金に関する3つのポイント」から総合的にもっともお得な月額料金無料のカーシェア会社を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする