dカーシェア 利用方法について

dカーシェアの予約が完了したら、いよいよ車を実際に使ってみましょう。

カーシェアのクルマを見つけよう

dカーシェアは、オリックスカーシェアを利用します。
カーシェアのクルマにはオリックスカーシェアの看板があります。

予約時間よりも20分早く現地に行きましょう

実は、カーシェアは「予約時刻の15分前から利用」が可能です。

カーシェアのクルマに乗り込めるのは15分前ですが、クルマの外観にキズがないかチェックのため、もうちょっと早めに現地に行くのがお勧めです。

忘れがちなのがタイヤのチェック。
クルマのボディだけではなく、タイヤが摩耗していないかチェックしましょう。
なぜなら、タイヤの「パンク」や「破損」に対して修理費用が実費なのです。
摩耗が原因でパンクしてしまっても修理費用が実費なのです・・・

詳しくは、こちら↓をご参考いただければと思います。

https://carshare.setsuyaku-life.work/fixfee/

さて、クルマのボディやタイヤのチェックが完了しましたら、クルマに乗り込みましょう。

クルマのキーを開錠して、乗り込みましょう!

クルマは、スマホ/ICカードをタッチすることで開錠できます。
タッチする場所は、主に車の後ろの窓ガラスのところにあります。
2回タッチが必要です。
最初にタッチするとハザードランプが点滅します。
そのあと、再び、タッチすると、「ガチャっ」となって、車のドアロックが解除されます。

タッチする場所はこちら↓

車のロックが解除されましたら、さっそく車に乗り込みましょう。
車は結構キレイです。
清掃記録を見ると、約5日~10日で掃除というか点検にしているようです。

車のカギは、ダッシュボードの中にあります。カギを回すと抜けます。
ここまではだいたいどの車も同じなので迷いません。ここまで1分もあれば終わります。

問題はエンジンのかけ方。。。
車内アナウンスが流れます。
「ギアはPに入っている状態で、フットブレーキを押しながら、エンジンをかけてください」
が、そのエンジンをかけるボタンって車種によって違うのでなかなか見つからず。。。
でも、大丈夫。マニュアルもちゃんと車の中にあるので、エンジンのかける場所がわからなかったら、マニュアルを見てましょう。

本日、借りたフリードは、ハンドルの右後ろにありました。。。
このタイプは初めて。最近はボタンを押すタイプが多かったのでちょっとワタワタしてしまいました。

無事、エンジンがかかりましたら、バックミラーやサイドミラー、椅子の位置を整え、いざ出発です。エンジンの場所を探すのに少し手惑いましたが、ここまでで4分。さぁ、出発です。

POINT

今回、クルマに乗り込んでから実際に出発するまでにかかった時間は4分でした。これは予約開始時刻の11分前です。
実はdカーシェアの場合、料金が発生するのは「予約開始時刻」からになりますので、11分間分の運転分は無料なのです。

予約開始時刻の20分前に行って、さっと準備して出発しましょう。
ちょっとした利用料の節約の裏技でした。

詳しくはこちらもご参考ください。

カーシェアは会社によって異なりますが「予約開始時刻の前から利用」できます。 しかも、予約開始時刻になるまでの利用料金は「無料」です。 ...

カーシェアの利用が終わったら、こちらを参照ください。

車の返却は、予約した返却時間の10分以内で完了すれば大丈夫です。 片付けなどの時間や車のキズがないかなどの確認時間として、10分間は無料と...

まだ、dカーシェアの会員登録がお済ではない方はこちらを参考にしてみてください。

dカーシェアの月額料金は0円。そんなdカーシェアの会員登録方法を紹介。登録・審査にかかる時間は30~45分くらいでスマホで簡単登録。会員登録の画面を紹介しながら手順を示します。

dカーシェアの会員登録はこちら↓
「dカーシェア」の公式HPへ

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、dカーシェア入会すると3,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする