トヨタ「MIRAI(ミライ)」がカーシェアで利用可能に

あの懐かしのトヨタ自動車の「MIRAI(ミライ)」がカーシェアで利用できるようになりました。

「MIRAI(ミライ)」はご存知ですか?
水素を動く電気自動車ですね。
2014年12月15日に発売開始され、ガソリン不要で排出ガスは水蒸気ということで「エコカー」として当時たいへん注目を浴びました。

それ以前に日産「LEAF」が2010年に発売開始されていますが、LEAF」は充電時間がかかる一方で、「MIRAI(ミライ)」は水素の充填に5分程度で完了するため、当時はMIRAIの方が売れるのでは?と注目されておりました。

が、「MIRAI(ミライ)」、ぜんぜん街中で見ませんね。。。。

トヨタ「MIRAI」

2014年に販売開始以来、累計販売台数はたったの1万台。

そんな「MIRAI」ですが、「オリックスカーシェア」「dカーシェア」で利用できるようになりました。

どうやら「MIRAI」の第二弾が欧州市場で2020年度内(日本市場での発売時期は不明)に発売されるようで、その宣伝のためでしょう。

宣伝ということで、「MIRAI」のカーシェア利用料は割安になってます。

トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI Concept」

【引用元】https://www.sankei.com/life/news/191011/lif1910110005-n1.html

dカーシェアで「MIRAI」を利用してました!

「MIRAI」の利用は、「購入する」「トヨタ販売店で試乗する」の他に

・「トヨタレンタカー」でレンタカー
・「オリックスカーシェア」でカーシェア
・「dカーシェア」でカーシェア

で利用することが可能です。

どの方法で利用するのがおすすめかは後述しますが、今回はNTTドコモが提供している「dカーシェア」を利用してきました。

今回利用したカーステーションは「代々木駅前ドコモタワー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-3)」です。

MIRAI!いざ発進!乗り心地は?

MIRAIの乗り心地は?

MIRAIは水素を燃料に発電し、その電気を利用して「モーター」で動きます。
ガソリンエンジンとは異なり、「モーター」駆動ならではの素晴らしい加速でした。

NISSAN「LEAF」も同じモーターで駆動するので、似たような感じですが、パワーは若干「MIRAI」の上、低速でのキビキビ感は「LEAF」の方がよい。という印象です。

両クルマのスペックは御覧の通りです。

MIRAIとLEAFのスペック表

MIRAI

LEAF S

車両重量

1,850kg

1430kg

車両総重量

2,027kg

1705kg

最高出力

113kW(154PS)

80kW(109pS)

最大トルク

335N・m(34.2kgf・m)

254N・m(25.9kgf・m)

感触通り、最大出力・トルクはMIRAIが上。車両はLEAFの方が軽いですね。
車内の高級感はMIRAIの方が上でしょう。
座席の上下、前後調整も電動ですし、パネルも高級感のある仕様となってます。

「MIRAI」のセンターコンソール

まぁ、価格がMIRAIは700万円台。LEAFは300万円台のため、MIRAIの方が上でしょう。

「トヨタレンタカー」でレンタルする場合

MIRAIは、ネット予約ができず、MIRAIの取扱店舗に「電話での予約が必要」です。
MIRAIを扱っているトヨタレンタカーの店舗は下記HPをご参照ください。

https://rent.toyota.co.jp/shop/special/mirai_201709.html

利用料金は店舗により異なります。

トヨタレンタリース埼玉店で借りた場合の料金

利用時間 料金
6時間 18,700円
12時間 25,300円
24時間 31,900円
以降1日毎 23,100円
超過1時間 3,300円

【引用元】トヨタレンタリース埼玉店

料金、高すぎです。
カーシェアで借りた場合の方が圧倒的に安いです。

「オリックスカーシェア」「dカーシェア」でカーシェアする場合

「dカーシェア」は、「オリックスカーシェア」と提携しており、どちらのサービスを使っても利用する車両は同じですが、料金が異なります。

「MIRAI」のあるカーステーションは、残念ながら都内のみです。
詳しくは下記のHPをご参照ください。

https://carshare.dmkt-sp.jp/campaign/orifcv.html

利用料金は御覧の通りです。

※上段:通常料金
※下段:2019.11.19~2021.3.31まで特別価格キャンペーン中の料金

  オリックスカーシェア dカーシェア
個人Aプラン※1 個人Bプラン※
15分あたり 310円
150円
460円
220円
330円
160円
6時間パック 4,200円
2,800円
6,300円
4,200円
4,900円
3,200円
12時間パック 6,800円
4,200円
10,200円
6,300円
8,000円
4,900円
24時間パック 8,400円
5,400円
12,600円
8,100円
9,600円
6,200円
夜間パック 2,600円
1,800円
2,600円
1,800円
2,600円
1,800円
距離料金 16円/km
15円/km
16円/km
15円/km
16円/km
15円/km

※1個人Aプラン(月額料金840円プラン)
※2個人Bプラン(月額料金無料プラン)

【引用元】オリックスカーシェアdカーシェア

MIRAIにちょっと乗ってみたい!という方は、月額料金無料がよいので、dカーシェアの方がオリックスカーシェア(個人Bプラン)よりお得です。
MIRAIにたくさん乗ってみたい!という方は、オリックスカーシェア(個人プランA)で利用するのが最もお得です。
ただ、「MIRAI」をカーシェアで簡単に利用することが可能になりましたが、MIRAIには大きな課題があります。

それは水素を充填する水素ステーションの設置数と営業時間です。
残念すぎて、このままで水素自動車は絶望的に普及しないでしょう。

MIRAIの普及には水素ステーションの整備が不可欠!

MIRAIの燃料である水素の充填(補給)は「水素ステーション」で行います。ガソリンスタンドの水素版ですね。
しかし、この水素ステーションの数は圧倒的に不足しています。都内でもたったの「15か所」です(2020年2月時点)。
水素ステーションの場所は「燃料電池実用化推進協議会の商用水素ステーション情報」を御覧ください。

水素ステーションの数も問題ですが、営業時間も残念な感じです。
平日しか営業していない。昼間のみ営業。といったように営業時間がかなり短いです。
これは水素自動車が少ないというのもありますが、安全性の観点から専用スタッフが必要(セルフは不可)のため、営業時間に限りがあるのでしょう。

まとめ

残念ながらまだ水素ステーションが整備されていない中、「MIRAI」の利用は水素の量を気にしながら運転する必要があり、気楽に利用できる状態ではありません。

とはいえ、昔注目を浴びた懐かしの「MIRAI」に一度は乗ってみたかったなと思っていた方にとっては、よい機会でしょう。

カーシェア自体をまだ使ったことがないという方は、ぜひこの機会にカーシェアを使ってみるのもよいでしょう。

「dカーシェア」の公式HPへ

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、dカーシェア入会すると3,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする