スクーター(原付)シェア「HELLO SCOOTER」2019年夏サービス開始

カーシェアでもない、シェアサイクルでもない、新たな移動手段であるシェアモビリティとして、原動付き自転車(原付)のシェアサービス「シェアスクーター」が2019年夏より開始されます。

その名は「HELLO SCOOTER」。

当記事では、シェアスクーターの魅力を解説していきたいと思います。

シェアスクーター「HELLO SCOOTER」とは

「HELLO SCOOTER」はソフトバンク系列会社である” OpenStreet”が本田技研工業(Honda)の技術協力のもと、スクーターのシェアサービスです。

” OpenStreet”は、すでに自転車のシェアサービスである「HELLO CYCLING」を提供していますが、新たなラインナップとしてスクーターを利用できるようになるようです。

シェアサイクルの「HELLO CYCLING」もおすすめ!

「HELLO SCOOTER」のメリット・デメリット

まずは、「HELLO SCOOTER」の魅力をあげてみると

・借りた場所に返却する必要はなく、指定の駐輪場であれば、どこに返却してもO.K.
・ガソリンで動くので、体力不要。
・ガソリンで動くので、シェアサイクルのように電池がなくて利用できないということがない。
・行動範囲が広がる

といったところでしょう。

一方、「HELLO SCOOTER」の利用しづらい点は、

・ヘルメットはHELLO SCOOTERに備え付けられているので、自分で用意する必要はないですが、ヘルメットの共用はちょっと気持ち悪いかも。。。
・雨が降ると濡れる。。。(フード付きの” GYRO CANOPY”というスクーターであれば雨でも大丈夫)

でしょう。

利用可能エリア

「HELLO SCOOTER」のエリア展開は、まずは、東京・埼玉・千葉を予定しているようです。

いかに密度高く駐輪場が設置されるかが気になるところですね。

利用できるスクーターの種類

利用できるスクーターは、HONDAの「BENLY」、「GYRO X」、「GYRO CANOPY」の3車種のようです。

いずれも50ccのスクーターなので、普通自動車免許でも利用可能です。
また、荷台が付いており、ちょっとした荷物を運ぶにも活用ができそうです。
さらに、GYRO CANOPYはフードが付いているので、雨の日でも安心です。

BENLY

GYRO X

GYRO CANOPY

なぜ三輪タイプの原付なのでしょうか?

普通の原付であれば、原付の幅が狭いので、駐輪場に多くの台数を配備できるのに。。。。

価格も原付の中では高いですね。低価格の車種にして、多くの台数を設置したほうがよさそうな気がしますが。。。

利用料金

未発表のため不明です。

まとめ

シェアモビリティサービスとして、カーシェア、シェアサイクルに加え、新たにシェアスクーターが追加され、その時の利用目的に合わせて、使い分けらえるので、便利な時代になりましたね。

シェアサイクルばりに多くの駐輪場が設置され、普及することを期待したい!

サービスの詳細を早く発表してほしいですね。

「HELLO SCOOTER」の公式サイトはこちら↓

https://www.helloscooter.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする