スクーター(原付)シェア「HELLO SCOOTER」サービスとは

シェアスクーター

 

カーシェアでもない、シェアサイクルでもない、新たな移動手段であるシェアモビリティとして、原動付き自転車(原付)のシェアサービス「シェアスクーター」が2019年夏より開始されます。

その名は「HELLO SCOOTER」。

当記事では、シェアスクーター「HELLO SCOOTER」を解説していきたいと思います。

 

シェアスクーター「HELLO SCOOTER」とは

「HELLO SCOOTER」はソフトバンク系列会社である” OpenStreet”が本田技研工業(Honda)の技術協力のもと、開始された「スクーターのシェアサービス」です。

” OpenStreet”は、すでに自転車のシェアサービスである「HELLO CYCLING」を提供していますが、新たなラインナップとしてスクーターを利用できるようになるようです。

 

シェアサイクルの「HELLO CYCLING」もおすすめ!

 

「HELLO SCOOTER」のメリット・デメリット

 

まずは、「HELLO SCOOTER」の魅力をあげてみると

・借りた場所に返却する必要はなく、指定の駐輪場であれば、どこに返却してもO.K.
・ガソリンで動くので、自転車と違って体力の消耗はありません。
・ガソリンで動くので、給油すれば、シェアサイクルのように電池がなくて利用できないということがない。(給油代金は提供会社が支払いをしてくれるので無料です)
・現在、利用できるスクーターの車種はフード付きの「GYRO CANOPY」なので雨の日で大丈夫!
・スクーターなので行動範囲が広がる。

といったところでしょう。

 

一方、「HELLO SCOOTER」の利用しづらい点は、

・新宿に1か所、目黒に2か所、日比谷に1か所、浦和美園に1か所、合計5か所のみです。。。(2020年2月13日現在)。まだ試行サービスなのでしょうか?今後の利用エリア拡大に期待です。
・ヘルメットはHELLO SCOOTERに備え付けられているので、自分で用意する必要はないですが、ヘルメットの共用はちょっと気持ち悪いかも。。。

でしょう。

利用エリア(ステーションの場所)

現在(2020年2月13日現在)、HELLO SCOOTERのステーション(スクーターが置かれている場所)は、下記の地図のスクーターマークのついている場所の5か所です。

うーん。少ない。。。

最新のステーションの場所は「HELLO SCOOTERのアプリ」をダウンロードの上、ご確認ください。HP上には掲載されておらず、確認できません。

 

利用できるスクーターの種類

 

利用できるスクーターは、報道発表の際は、HONDAの「GYRO CANOPY」、「BENLY」、「GYRO X」の3車種という案内tなってます。
現在実際に運用されているのは「GYRO CANOPY」のみです。

いずれも50ccのスクーターなので、普通自動車免許でも利用可能です。
また、荷台が付いており、ちょっとした荷物を運ぶにも活用ができそうです。
さらに、GYRO CANOPYはフードが付いているので、雨の日でも安心です。

 

GYRO CANOPY

 

GYRO X

 

BENLY

 

目黒のステーションに配置されているスクーター

 

 

「HELLO SCOOTER」の利用料金

HELLO SCOOTERの利用料金は御覧の通りとなっています。

  会員特別プラン 通常プラン
月額基本料金 無料 1,000円/月
お手軽パック
(15分ごとの課金)
150円/15分 160円/15分
3時間パック 1,000円 1,500円
6時間パック 1,500円 2,800円
12時間パック 2,500円 4,500円
24時間パック 6,500円
超過料金 150円/15分 160円/15分

(税抜金額)

通常プランの1,000円には500円無料クーポン付きです。クーポンは当月のみ利用可です。

 

会員特別プランを利用できるようにする方法

おすすめは、特別会員になって「会員特別プラン」で利用することです。
上記の料金表を見ても分かるように断然、「会員特別プラン」の方がだんぜんお得です!
特別会員には、HELLO SCOOTERを運用している会社が提供しているシェアサイクル「HELLO CYCLING」を5回以上利用すればなれます。

実は、300円程度で5回以上利用できます。

「HELLO CYCLING」は、利用するエリアにより料金は異なりますが、約60円/15分です。
5回利用は、60円×5回で300円です。

300円ならすぐに元が取れるので特別会員になることがお勧めです。

なお、「5回利用する」とありますが、正しくは「5台利用する」です。
複数台を借りても台数分がカウントされますので、1度に4台借りて、返却処理して、再び残りの1台借りれば以上で特別会員です。

Q.同時に借りることができる台数を教えてください。
A.1人4台まで借りることが可能です。
【引用元】HELLO CYCLINGのHP

 

 

HELLO CYCLINGは下記の記事にまとめました。
ソフトバンク系のシェアサイクル「HELLO CYCLING」とは

 

5回利用すると、HELLO CYCLINGアプリの「お知らせ・通知」に下記のように特別会員になるための「紹介コード」が通知されます。

HELLO CYCLINGを5回利用すると通知される案内

 

HELLO SCOOTERの会員登録する際に「紹介コード」を入力する画面が出てきますので、この「コード」を登録すればよいのです。

 

HELLO SCOOTERを体験(試乗)してきました

HELLO SCOOTERのアプリを操作することで、スクーターの荷台のロックを解除できます。

荷台の中に「カギ」「ヘルメット」「ゴーグル」が置かれています。
ちょっと頭の大きい自分はヘルメットが少しきつかったです。
わりと頭が大きいという方はヘルメットが入らないかもしれません。。。

 

直接ヘルメットをかぶるのが衛生上気になる方向けに、使い捨てのキャップが備え付けられています。でも、このキャップは。。。

 

ガソリン代の支払い用のクレジットカードです。
給油は運営会社のクレジットカードで支払いできるので自分で負担する必要はありません。

「カギ」を回してエンジンをかけます。
下記のレバーはパーキンググレーキです。こちらは解除(下に押す)すれば、いざ運転開始です。このパーキングブレーキに気づくのにテコづりました。。。

 

自分は過去原付(HONDA Dio)を利用したことがあるので、その原付との比較になりますが、

 

良い点
・フードが付いているので、風の影響を受けづらい。雨が降っても安心。
・三輪なので信号待ちの停車時も安定。
悪い点
・三輪なので小回りが利かない。
・エンジンがうるさい。

 

まとめ

シェアモビリティサービスとして、カーシェア、シェアサイクルに加え、新たにシェアスクーターが追加され、その時の利用目的に合わせて、使い分けられるので、便利な時代になりました。

ただ、現在のステーション数(スクーターを借りられる場所)が5か所。
今後、シェアサイクル並みに多くの駐輪場が設置され、普及することを期待したい!

「HELLO SCOOTER」の公式サイトはこちら↓

HELLO SCOOTER
ハロースクーターは東京都を中心に全国でシェアできるシェアバイクサービスです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました