カレコ(careco) 利用方法(開錠、返却、請求金額まで)について

カレコのクルマの予約が完了しましたら、実際にクルマを利用してみましょう。

予約開始の15分前にステーションに到着しましょう

カーシェアはどの会社も予約開始前からクルマに乗車可能で、カレコは「予約開始時刻の10分前から乗車」できます。

カーシェアは慣れてしまえば、1分で出発可能です。
つまり、9分間は無料でカーシェアを利用できるのです。
この無料で利用できる時間を有効に活用することをお勧めします。

【関連記事】

カーシェアは会社によって異なりますが「予約開始時刻の前から利用」できます。 しかも、予約開始時刻になるまでの利用料金は「無料」です。 ...

クルマに乗車する前にボディやタイヤにキズがないかチェックが必要です。
このため、その時間5分もあわせて、予約開始の15分前にステーションに行くことをお勧めします。

クルマのチェックで忘れがちなのがタイヤのチェック
クルマのボディだけではなく、タイヤが摩耗していないかチェックしましょう。
なぜなら、タイヤの「パンク」や「破損」に対して修理費用が実費なのです。
自分が乗る前から摩耗していて、それが原因ですぐにパンクした。
自分が乗る時にはすでに釘が刺さっていて、運転してみてパンクに気づいた!などの場合、修理費用が実費なのです・・・

詳しくは、こちら↓をご参考いただければと思います。

基本的な補償は、どのカーシェア会社も利用料金の中に含まれており安心です。 ただ、カーシェア会社によっては追加料金を支払って補償の拡大が可能です。また、カーシェアによって少しずつ補償内容が違っているので注意。

さて、クルマのボディやタイヤのチェックが完了しましたら、クルマに乗り込みましょう。

初めての利用の場合は、乗車カードの登録をしよう

カレコの場合、クルマのカギの開錠・施錠は、
 ・スマホでカレコのHPから操作
 ・登録したICカードやおサイフケータイでタッチ
のいずれかになります。

ここでは、乗車カードとしてICカードを登録する方法を紹介します。
しかし、実際に使ってみると「カレコのHPからの操作がおススメ」です。

なぜなら、ICカードをかざしても、クルマが開錠・施錠されるまで「3~5秒程度」かかりまう。「3~5秒程度」もかかると、カードが反応しているのか不安ですし、私は時間が長く感じます。スマホのHPで操作すれば、1秒程度で反応するので、個人的にはこちらの方がもどかしくなくてよいです。

ICカードの登録もしてみたので、その時の手順を紹介したいと思います。
ICカードの登録は、「予約開始10分前~利用中」の間にできます。
予約開始10分前になると、予約の詳細ページに「ICカード登録」のボタンが登場します。
「ICカード登録」をクリックしましょう。

次の画面で、再度「ICカード登録」をクリック。

クルマについているリーダに、ICカードやおサイフケータイをかざします。
登録が完了するため、「3~5秒程度」かかります。
リーダのLEDが点滅するのですが、ICカードをかざしているので、見づらいです。。。
ですので、その間、ICカードが反応しているのかどうかよくわからないので、不安ですが、じっくり待ちましょう。

※駅の改札だとタッチは1秒以下というのに慣れてますから、「3~5秒」が長く感じます。

ICカードの登録が完了すると、カレコの会員ページに「ICカード登録完了の旨」が表示されます。また、メールでも「件名:【careco】ICカード情報の登録が完了しました」と通知されます。

クルマのカギを開錠しよう

続いて、クルマのカギを開錠しましょう。
すでに紹介すみですが、クルマの開錠は、
 ・スマホでカレコのHPから操作
 ・登録したICカードやおサイフケータイでタッチ
のいずれかでできます

スマホから操作でクルマを開錠する場合

スマホの予約画面から「利用開始」ボタンをクリックしましょう。
このボタンは予約開始の10分前から表示されます。
「利用開始」ボタンをクリックすると、1秒程度(その時のスマホの通信状況にもよると思います)で、ガチャと鳴って、クルマのカギが空きます。

乗車カード(ICカード)でクルマを開錠する場合

事前に乗車カードとして登録したICカードを、クルマのリーダにかざせばオッケーです。
予約開始10分前から開錠が可能です。
乗車カード登録した時と同様、ICカードを「3~5秒」程度かざすと、ガチャと鳴って、クルマのカギが空きます。

カレコのクルマの中はキレイでした。

さて、無事にクルマのカギが開きましたら、クルマに乗り込みましょう。
今回のクルマは、スバルのXV。
車内を見渡してみると、社内は非常にキレイでした。
ちなみに走行距離は3万ちょっと。

~前列~

~後列~

クルマのエンジンをかけよう

さて、クルマに乗ったら、クルマのキーを取り出す必要があります。
dカーシェアの場合は、助手席の前のところになるので、カレコの場合も同じだろうと思い、開けてみたところ、ありませんでした。。。
車内に簡単なマニュアルをあったので見てみたところ、運転席と助手席の間のコンソールにあるようです。

運転席と助手席の間のコンソールを空けてみると、ありました。

カギを「返却→貸出」に回すと、無事にキーが抜けました。

あとは普通のクルマと同様、ブレーキを踏みながら、エンジンボタンを押すと、エンジンがかかりました。

ルームミラーやサイドミラーなどの調整をして、準備ができましたら、出発しましょう。

駐車カードやガソリン用のクレジットカードは?

さて、エンジンもかかり、いざ出発です。
今回借りたクルマは、リパークの駐車場に止まっており、駐車場にでるためには駐車カードが必要です。
駐車カードは、車内のファイルの中に入ってます。
ガソリン給油用のクレジットカードもこちらにこのファイルに入ってます。

   

こちらのカードを利用して、駐車場から脱出しましょう。
もちろん、駐車料金は無料です。

カーシェアの返却時間が予約の時間から前後した場合は?

予約した返却時間より遅れそうな場合は、レンタル時間を延長しましょう。
延長手続きをせず、そのままにしておくと、「超過料金として通常の2倍の時間料金」が発生してしまいます。
【カレコHP】予約時間を超過した場合はどうなりますか?

一方、予約した返却時間より早く返却する場合は、レンタル時間の変更は不要です。
カレコの料金は、「予約開始時刻」~「返却完了時刻」です。
予約した際の返却時刻ではなく、実際に返却が完了した時刻までが課金されます。

このため、早めに返却した場合、その分、請求金額は安くなりますので、返却できるときはさっさと返却してしまいましょう。

つまり、予約する際は、返却する予定時刻より余裕をもって予約しておくことをおススメします。

カーシェアの返却方法について

返却場所が駐車場で、駐車券が必要な場合は、車内に入っている駐車カードを利用しましょう。

元の場所に駐車しましたら、以下がちゃんと済んでいるか確認しましょう。
 ・サイドブレーキが引かれていない
 ・エンジンがかかっている
 ・キーボックスに戻した鍵が返却に回っていない
 ・ドアが完全に閉まっていない

これらが完了していないとエラーになり、返却が完了しません。

クルマのキーの施錠は、開錠の時と同様、
 ・スマホでカレコのHPから操作
 ・登録したICカードやおサイフケータイでタッチ
でできます。

カレコのHPからの操作の場合は、HP上に「利用終了」というボタンがありますので、こちらをクリックすれば、クルマのカギが施錠されます。

登録したICカードやおサイフケータイを、クルマのリーダにかざすことで、クルマの施錠も可能です。

自分が初めてカレコのカーシェアを利用した際、ICカードで施錠しようとしました。しかし、いくらやっても施錠できません。うまくいかなかったため、スマホのHPから「利用終了」で施錠することにしました。
すると「サイドレバーの引き忘れ」というエラーの表示が。。。
何かエラーがあった場合に、すぐにそのエラー内容が分かった方がよいので、「クルマの施錠はICカードを使うよりスマホのHPから施錠」した方がよいでしょう。

請求金額はいくらか?

今回予約した時間は「18:30~19:30」の1時間です。

すでに記載しておりますが、カレコは10分前から利用可能です。
今回、初めてのカーシェアの利用ということもあり、ICカードの登録を行った後に、クルマの開錠をしました。このため、クルマの開錠が18:24になりました。
18:24からクルマを利用し、予定よりも早く帰ってきて、19:00に利用終了しクルマの施錠を行いました。
このため、実際のクルマの利用は、「18:24」~「19:00」の36分でした。

ただ、お金を請求されるのは、「予約開始時刻」~「実際の返却時刻」です。
このため、お金を請求されるのは、「18:30」~「19:00」になります。

実際は、36分使っていますが、請求は30分分の金額になります。

また、ちょっとした点ですが、返却した時刻は「19時00分十何秒」でしたが、19:00で処理されてます。19:01になってしまったら、40分分の金額が請求されると思われます。

カレコから請求に関するメールが届くのですが、上記と同様な内容になっております。

さて、お金を請求されるのは、前述の通り「予約開始時刻」~「実際の返却時刻」です。
実際に利用できるのは、予約開始時刻の10分前です。

このため、「利用開始時刻10分前」~「利用開始時刻」までの10分間で返却した場合、0円になるのかなと思い、実験していました。
残念ながら「最低金額の10分間」分の金額は請求されてしまうようです。

 

スポンサーリンク

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]

 

まとめ

実際にカレコを使ってみて、メリット・デメリットに感じたことをまとめたいと思います。

メリット

・予約開始時刻の10分前から利用可能。その10分間は無料で利用可能。
・予定時刻より返却が早まっても、早く返却すればその分安くなる。
・スマホ操作が分かりやすく、初めて利用でも迷うことがなかった。
・クルマがキレイ。(ただ、まだ1車種しか乗ってません)
・利用履歴がメールで来るなど、メールによるサポートもよい。

デメリット

・ICカードの反応が悪い。

全体を通して、カレコはよい印象でした。

カレコの入会は、こちらのカレコの公式サイトから↓

「カレコ」の公式HPへ

現在、お得な3,000円クーポンがもらえる入会キャンペーン実施中です。

カレコは普段入会キャンペーンは実施しておらず、前回が2019年3月だったので、約1年半ぶりです。しかも、過去の入会キャンペーンの中でも「3,000円クーポンがもらえる」のはお得なので、この機会で入会するのはよいチャンスです。
期限は2020年7月末までです!

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]

 

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、カレコ入会すると2か月間の月会費が無料に。さらに2,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

 

【関連記事】

最近、どんどんカーステーションを増やして、勢いに乗ってきているカーシェア会社「カレコ(careco)」。カレコは車種数がダントツ、平日プランが激安、月額無料プランもあり、早く返却すればその分安くなる、など、利用者にニーズにあった各種サービスを提供中です。当サイトでは、カレコの会員登録手順を一つ一つわかりやすく紹介いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする