深夜タクシーを使うなら、カーシェアがお得。

友達の遊びに夢中になりすぎて、終電を乗り過ごしてしまった。
仕事が忙しくて終電を間に合わなかった・・・・

そのような時にタクシーで帰るか、
どこかに泊まるのか、
悩む方はいらっしゃるかと思います。

残業で終電乗り過ごした場合は、会社がタクシー代を払ってくれる場合もありますが、そうもいかない時もあるかと思います。(ブラック企業ですね…)

タクシーの場合、深夜料金がかかるので料金が高くなってしまいますね。
ホテルに宿泊もそれなりにお金がかかってしまいます。

そんな時におすすめなのが「カーシェアの利用」です。

終電を逃して帰宅できなかった場合の料金について

終電を逃して帰宅できなかった場合にどうしようかいろいろな対処方法があるかと思います。

  • 深夜タクシーで帰宅
  • 漫画喫茶で過ごす
  • カプセルホテルに宿泊する
  • カーシェアを利用して帰宅する

上記について、それぞれどれくらいの料金がかかるのか比較してみたいと思います。

前提条件は、「会社~ご自宅までが20km」とします。

深夜タクシーを使って帰宅する場合の料金について

料金:¥8,580 ~ ¥9,290
※ネットのタクシー検索サイトで算出。深夜料金の2割増で計算。

漫画喫茶で夜を過ごす場合の料金について

料金:1,250円
※新橋駅前の漫画喫茶の料金

カプセルホテルに宿泊する場合の料金について

料金:4,180円
※新橋駅前のカプセルホテルの料金

カーシェアを使って帰宅する場合の料金について

料金:2,500円~3,140円(カーシェアの料金) + 500円(自宅近くの駐車料金) 

※カレコのベーシックプランor平日プランの場合の料金

詳しく解説していきたいと思います。

カーシェアでは、夜間にお得に利用可能な「夜間パック」という料金プランがあります。
カーシェア主要各社の夜間パックの料金はご覧の通りとなってます。

カーシェア
会社
タイムズ
カープラス
カレコ
(ベーシック
プラン)
カレコ
(平日プラン)
dカーシェア
(オリックスカーシェア利用時)
オリックス
カーシェア
夜間パックの
時間料金
2,060円
(18-24,24-翌9)
2,580円
(18-翌9)
2,500円
(18-翌9)
2,500円
(18-翌9)
土日祝:5,000円
2,500円
(20-翌9)
2,500円
(20-翌9)
距離料金 16円/km 16円/km
(6時間未満は不要)
16円/km
(6時間未満は不要)
16円/km 16円/km

タイムズカープラスを利用した場合について計算します。

・「24時-翌9時」の夜間パックで2,060円
・距離料金は16円/km×片道20km×往復で640円。

を合わせると、2,700円になります。

これに家の近くの駐車場にクルマを停めておく必要があるので駐車料金が必要になります。夜間の駐車料金は場所にもよりますが500円程度でしょうか?

結果、カーシェアを利用した場合にかかる料金は「3,200円」になります。

また、カレコの場合、夜間パック利用時でも6時間未満であれば、距離料金が発生しません。
詳しくは「カーシェア各社の距離料金が発生する条件」を参考にしてみてください。

このため、カレコの場合は夜間パックの料金だけの「2,500円」。
dカーシェア、オリックスカーシェア利用時の場合は「3,140円」で、これに家の近くの駐車場に停めておく駐車料金がかかります。

また、カーシェアの場合、残念ながらクルマを元の場所に戻さなきゃいけないですが、翌朝はご自宅からクルマで出勤できてしまうのです。

これは人によってメリットととるかデメリットに取るかは分かれると思いますが、朝の通勤ラッシュを避けてクルマで出勤できるのは個人的にはメリットではないでしょうか?

スポンサーリンク

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]

料金だけなら漫画喫茶!
家にゆっくり睡眠をとるならカーシェアがおすすめ!

計算した金額を並べると御覧の通りです。

【深夜タクシー】
¥8,580 ~ ¥9,290

【漫画喫茶】
¥1,250円

【カプセルホテルの場合】
¥4,180円

【カーシェア(夜間パック)の場合】
¥3,000円~3,640円

料金だけを見るなら、漫画喫茶は、ダントツに安いですね。

ですが、ゆっくり足を伸ばして寝ることができないので漫画喫茶はツライかもしれません。

カプセルホテルは、会社の近くにカプセルホテルがあれば、すぐに寝られますし、足の伸ばしてゆっくりできるので便利ですね。
カーシェアの料金+αで済むので料金的にも魅力ですね。
ですが、次の日も同じ服装で出勤になってしまいます。

カーシェアは、やはり家でゆっくり寝られるというのが一番メリットでしょうか。
ただ、家まで運転しなくてはならないというのがちょっとネックかも・・・
まぜ、前述の通り、次の日の朝は、ラッシュに巻き込まれずに車出勤が可能です。

比較をしてみると、カーシェアが一番よい!とは言い切れませんが、カーシェアを利用するのも一つの手ではないでしょうか?

できる社会人は、いろんな手段をもっておくこと。
そして、その状況に応じて、最適な方法を選択することが重要です!(笑)
終電を逃した際の対処方法として、カーシェアの利用を選択肢の一つとして準備しておくのはいかがでしょうか?

もしかしたら、気になるあの子と一緒に残業していたら、家まで彼女を送ってあげるなんてこともできるチャンスがいつか来るかもしれません。その時に備えて準備しておきましょう(笑)

終電逃してしまった時のカーシェアの裏技的な利用方法について

ちなみに、飲んでしまって終電を乗り過ごしてしまった場合は、
     カーシェアの車の中で寝る
という使い方もおすすめです。

もちろん、飲んでしまっているので、車の運転は厳禁です。

移動することはないので、距離料金、駐車料金もかからず、夜間パックの料金のみで済みます。(タイムズカープラスであれば、2,060円です。その他は2,500円ですね)

また、夜間パックの場合、車種によらず、一律です。
ミニバンなどの大きなクルマでも同一料金です。
このため、広々スペースでクルマをホテル代わりとして利用するのもアリではないでしょうか?

ステップワゴンならフルフラットで寝ることも可能です!

まとめ

当記事を御覧いただきましてありがとうございました。

では、終電を逃してしまった時の対処方法として、「カーシェアを利用」する場合、利用した時だけ料金が発生する「月額料金が無料のカーシェアがおすすめ」です。

月額料金無料のカーシェアは下記の記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

月額料金無料のおすすめのカーシェアはどこか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする