ペーパードライバーの練習はカーシェアを活用しよう。

ペーパードライバーの方はカーシェアを利用して練習するのがおすすめです。

カーシェアがおすすめなのは、料金が安いからです。
そして、事故を起こしてしまってもカーシェアはしっかり補償があるから安心だからです。

ペーパードライバーの方が練習するのにおすすめのカーシェアは、

 ・カレコ(月額料金無料プラン)
 ・dカーシェア(オリックスカーシェアのクルマを利用)

の2つがおすすめです。

それでは、カーシェアの料金、補償内容について、解説していきたいと思います。
そして、ペーパードライバーの方にお勧めのカーシェアが、上記のカーシェア会社である理由について説明していきたいと思います。

ペーパードライバーが再び運転するきっかけ

実は、我が家の嫁はペーパードライバーです。
嫁のご両親が年配になってきており、いずれ病院への送り迎えなど、車の運転が必要になるだろうということで、脱ペーパードライバーを目指すことになりました。

脱ペーパードライバーを目指すきっかけには、

  • 家族が病気やケガにより、病院への送り迎えが必要になった。
  • お子さんが生まれた。
  • 引っ越しして、駅から遠くなってしまい家族を駅までの送り迎えする必要になった。
  • 旅行先でドライブしたい。

など、いろいろなケースがあるかと思います。

では、脱ペーパードライバーはどうすればできるのでしょうか?

教習所が行っているペーパードライバー講習会に通う。
運転ができる方に助手席に乗ってもらい教えてもらう。

といったことがあるかと思います。

でも、教習所での講習はお金がかかりそう。
運転を教えてくれる人に毎回お願いするのは恐縮だなぁ。
車にキズをつけたくない
など、気になることがあるかと思います。

・教習所でペーパードライバー講習会を受ける
・自宅もしくは友人のクルマを借りて、運転を教えてもらう
・カーシェアを利用して練習する

の3つを比較していきたいと思います。

教習所のペーパードライバー講習で習う!

教習所が開催するペーパードライバー講習会のメリットは、

  • 運転を教えてるプロから習えること。
  • 安全である。
    • 教習所の構内であれば歩行者がいないので安心して練習できる。
    • 教習車には補助ブレーキが付いているので、もしもの時は教官がブレーキを踏んで停めてくれる。

です。

費用はどれくらいかかるのでしょうか?

ペーパードライバー講習の費用は?

ペーパードライバー向け講習会の費用をネットで検索してみました。

まず、入学金がかかります。
教習所によって異なりますが、「3,000円~20,000円」です。
結構、教習所によって違いますね。

そして、1回当たりの講習費用は、「5,000円~6,000円」のようです。

  • 横浜の某自動車学校
入学金 20,000円(税込21,600円)
講習 1時限 6,000円(税込6,480円)

  • 千葉の某自動車学校
入学金 3,000円(税込3,240円)
講習 1時限 5,000円(税込5,400円)

  • 川崎の某自動車学校
入学金+4時限分 36,000円(税込38,880円)
講習 1時限 5,000円(税込5,400円)

購入費用はわかりましたが、何回くらい講習を受ければよいのでしょうか?
某教習所のサイトに「運転ブランク期間毎に何時間くらい講習会を受けるとよいか」が記載されてました。

運転ブランク 講習時限
3年未満 3時限
5年未満 5時限
5年~10年 8時限
5年~10年 12時限
10年以上 15時限

運転ブランクの期間にもよりますが、数万円~10万円くらいはかかってしまう計算になります。

それに、教習所までの交通費もかかってしまうでしょう。

自宅のクルマ or 友人からクルマを借りて、練習をする

自宅のクルマであれば、まだよいですが、
友人からクルマを借りて練習するのは、
ペーパードライバーの方にはさすがに気が引けますよね。

自宅のクルマも、できれば、傷つけたくないですよね。

そんな方には、カーシェアのクルマの利用がおすすめです。

ペーパードライバーの方は、カーシェアでクルマを借りて練習するのがおすすめです。

教習所のペーパードライバー講習会はちょっと費用がかかりますよね。
自宅や友人からクルマを借りるのも、もしもクルマに傷つけてしまったら嫌ですよね。

カーシェアのクルマを利用するのが「安くて」「安心」でおすすめです。

カーシェアでクルマを借りるのがお得!

カーシェアのメリットは、「短期間での利用ができること」、「予約や貸し借りの手続きはすべてネットできるので手間がかからない」という点です。

レンタカーの場合は基本レンタル時間は6時間~ですが、ペーパードライバーの方は6時間も練習はしないでしょう。1時間程度、長くても2時間程度ではないでしょうか?

カーシェアであれば、10分や15分という短時間から利用することができるのです。

1時間の練習であれば、約800円~1,000円程度です。
教習所の講習会に比べて、断然お得です。

カーシェアとレンタカーのメリット・デメリットをまとめてみました。
ご参考いただければと思います。

カーシェアは、「ちょい乗り」「対面手続き不要」「24時間営業」「満タン返しが不要」「直前の予約キャンセルもO.K.」「安い」と色々なメリットあり。当サイトでは、そんなカーシェアのメリット。レンタカーに比べるとちょっと残念なところを紹介いたします。

また、カーシェア会社によっては、月額料金がかかる場合があります。

ペーパードライバーの方は、練習が終われば、クルマを使わなくなってしまうかもしれません。また、自家用車があるようであれば、カーシェアは利用しなくなるでしょう。

このため、ペーパードライバーの練習にカーシェアを利用する場合には、月額料金がかからないのがおすすめです。

カーシェアは補償内容が充実。
ペーパードライバーの方には安心です。

ペーパードライバーの方にとって、事故を起こしてしまったら、クルマにキズをつけてしまったら、どうなるだろうと気にになるところかと思います。

でも、安心してください。

カーシェアは、利用料金の中に「保険」が含まれてます。

人身保険 : 補償金額は無制限です。
対物保険 : 補償金額は無制限です。
車両保険 : 補償金額は無制限です。(負担費用はゼロ円です)

カーシェアの保障ってめっちゃ手厚いです。

ただ、ちょっと注意が必要です。

「NOC」と「ペナルティ」です。

「NOC」とは・・・・

これは、クルマに傷をつけてしまった場合に、その間、クルマを修理しなければならず、カーシェア会社はそのクルマが使えてなくなってしまい困ってしまいます。
このため、クルマがつかなくなってしまう期間の保障として、

  自走して返却可能な場合:2万円
  (キズをつける程度クルマの運転が可能な場合)

  自走して返却できない場合:5万円
  (大きな事故を起こしてしまい、クルマを運転できない場合)

という費用を請求されてしまいます。

でも、安心してください。

クルマを利用する際に、プラス料金を支払い補償内容を拡大するプランを加入すれば、
NOCの費用を免除にすることができます。
カーシェア会社により金額は異なりますが、300円程度です。

「ペナルティ」とは・・・・

車内でタバコを吸う。著しく車内を汚した。ペットを連れ込んだ。というNG行為をすると清掃費用が請求されてしまいます。
また、ライトをつけっぱなしでバッテリーが上がってしまった。キーを中に入れてドアを閉めてしまった。というウッカリ行為をしてしまうと、復旧にかかる作業費を請求されてしまいます。

いずれも、気を付ければよいので、それほど気にしなくてもいいですね。

クルマの補償に関しては、下記の記事で詳しく紹介をしているのでご参考ください。

基本的な補償は、どのカーシェア会社も利用料金の中に含まれており安心です。 ただ、カーシェア会社によっては追加料金を支払って補償の拡大が可能です。また、カーシェアによって少しずつ補償内容が違っているので注意。

運転を教えてる人もカーシェア会員になろう

度胸のある方なら、1人でカーシェアを借りて運転するのもよいですが、
やはり、運転のできる方がいると安心ですね。

練習の最初のころは、クルマや人の往来の少ないところで練習するのがよいでしょう。
そうなると、そこまで運転のできる人に運転してもらい移動する必要があります。

また、車庫入れがまだできない場合には、運転のできる方に代わってもらう必要があるかと思います。

このため、運転を教えてもらう方と運転交代する場合があるのです。

カーシェアでは、運転の交代を行う場合には手続きが必要です。
もしも、手続きを済ませずに、運転を交代して事故を起こしてしまったら補償を受けることができません。

ペーパードライバーにおすすめのカーシェアについて

それでは、ペーパードライバーがカーシェアを使って練習する場合に、
おすすめのカーシェアについて紹介していきたいと思います。

条件は以下の3つでしょう。

  1. 補償が手厚い。
  2. 月額料金が無料。
  3. 運転の交代の手続きが楽。

上記の3つの条件を満たすカーシェアは「カレコ」「dカーシェア」になります。

※タイムズカープラスは、月額料金1,030円がかかります。
※オリックスカーシェアは、月額無料プランもありますが、利用料金が高いのでおすすめではないです。

ペーパードライバーにおすすめはカレコ(careco)

カレコの補償について

カレコには「トラブルあんしんサポート」という追加料金(324円)で、NOC費用がゼロ円になる補償内容を充実するオプションがあります。

これをつければ、安心です。

カレコの補償内容の詳細はこちら

カレコの料金について

カレコには3つの料金プランがあります。
料金は御覧の通りで、月額会費無料のプランがあります。

1時間の練習で960円です。

カレコの料金プラン(コンパクトカー利用時)

  ベーシック
プラン
平日
プラン
月会費
無料プラン
月額料金 980円 980円 0円
時間
料金
時間毎課金 130円/10分 80円/10分
土日祝:160円/10分
160円/10分
6時間 3,800円 2,800円
土日祝:5,600円
4,600円
12時間 5,300円 4,500円
土日祝:9,000円
6,400円
24時間 6,800円 7,800円
土日祝:12,000円
8,300円
夜間パック 2,500円
(18-翌9)
2,500円
(18-翌9)
土日祝:5,000円
3,100円
(20-翌9)
距離
料金
6時間以内の場合 無料 無料 無料
6時間を
超える場合
16円/km 16円/km 18円/km

なお、ペーパードライバーを早く卒業したいと思っている方は、月額料金がかかりますが、「ベーシックプラン」か「平日プラン」に加入し、脱ペーパードライバーできたら、「月会費無料プラン」に変更するもおすすめです。
特に平日に練習される方なら、平日プラン1時間で利用でたったの480円で、ワンコインでカーシェアが利用できます!
カレコのプラン変更は簡単です。

カレコの運転交代について

運転の交代をする方が家族であれば、一度、家族の情報を登録すれば、あとはいつでも運転交代することが可能です。

運転の交代をする方が友人の場合は、友人もカレコの会員である必要があります。
クルマを利用する前に、運転交代の手続き(交代する方の会員情報を登録)が必要となりますが、web上で操作できますので簡単です。

カレコの運転交代の詳細はこちら

カレコの公式サイトはこちら

「カレコ」の公式HPへ

現在、お得な3,000円クーポンがもらえる入会キャンペーン実施中です。

カレコは普段入会キャンペーンは実施しておらず、前回が2019年3月だったので、約1年半ぶりです。しかも、過去の入会キャンペーンの中でも「3,000円クーポンがもらえる」のはお得なので、この機会で入会するのはよいチャンスです。
期限は2020年7月末までです!

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]

 

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、カレコ入会すると2か月間の月会費が無料に。さらに2,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

 

ペーパードライバーにおすすめはdカーシェア

dカーシェアについてちょっと説明です。
dカーシェアは、自社でクルマを保有しているのではなく、「オリックスカーシェア」「カレコ」「カリテコ」の三社と提携し、それぞれのカーシェアが利用できるサービスとなってます。

3つのカーシェアが利用できるので大変便利なのが特徴です。

ただ、ペーパードライバーの方におすすめなのは、dカーシェア経由でオリックスカーシェアを使った場合に限ります。

詳しくは、下記をご覧ください。

dカーシェアの補償について

dカーシェアでは、なんと、オリックスカーシェアのクルマを利用する場合であれば、追加料金を払わなくても、NOC費用がかかりません。
自動で「あんしん補償サポート for dカーシェア」がついてきます。

dカーシェアで、カレコのクルマを利用する場合には、補償内容を増やすオプションプランがございません。カレコには「トラブル安心サポート」があるのですが、dカーシェア経由でつけることができないのです。

dカーシェアの補償内容の詳細はこちら

dカーシェアの料金について

月額料金を提供しているカーシェア会社の中で、
dカーシェア経由でオリックスカーシェアのクルマを利用する料金は一番安いです。
1時間の利用で880円です。

dカーシェアの料金プラン(スタンダードのクルマ利用時)

  dカーシェア
オリックスカーシェア利用
月額料金 0円
時間
料金
時間毎課金 220円/15分
6時間 4200円
12時間 6500円
24時間 8000円
夜間パック 2,500円
(20-翌9)
距離
料金
6時間以内の場合 無料
6時間を
超える場合
16円/km

しかも、上記の通り、補償内容を増やすオプションプランである「あんしん補償サポート for dカーシェア」が無料なので、dカーシェアは料金面で魅力的です。

dカーシェアの運転交代について

dカーシェア経由で「オリックスカーシェア」を利用する場合は、dカーシェア会員もしくはオリックスカーシェア会員であれば、特に手続きなしで運転の交代が可能です。

dカーシェア経由で「カレコ」を利用した場合、dカーシェア会員もしくはカレコ会員の方と運転の交代が可能であるが、電話での手続きが必要で手間である。

dカーシェアの公式サイトはこちら

「dカーシェア」の公式HPへ

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、dカーシェア入会すると3,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

おすすめのカーシェア会社

ペーパードライバーの練習は

・カレコ(月額料金無料プラン)
・dカーシェア(オリックスカーシェアのクルマを利用)

のカーシェアを利用することをお勧めします。

では、どちらのカーシェアを利用するのがよいのでしょうか?

近くにカーシェアステーションの方を選択するのがよいのがよいでしょう。
クルマの練習に遠くまで行くのは面倒でしょう。

カレコ、オリックスカーシェアのカーステーションが近くにあるかご確認ください。

ちなみにカレコはカーステーションまで自転車を置いておけるので便利です。

また、両方とも月額料金が無料ですので、両方の会員になることもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ペーパードライバーの練習には、カーシェアを利用するのが安くて、しっかりした補償で安心です。

めざせ、脱ペーパードライバー!

近くにカレコのカーステーションがあれば、もちろんカレコがおすすめ!

「カレコ」の公式HPへ

現在、お得な3,000円クーポンがもらえる入会キャンペーン実施中です。

カレコは普段入会キャンペーンは実施しておらず、前回が2019年3月だったので、約1年半ぶりです。しかも、過去の入会キャンペーンの中でも「3,000円クーポンがもらえる」のはお得なので、この機会で入会するのはよいチャンスです。
期限は2020年7月末までです!

三井物産グループ[カレコ・カーシェアリングクラブ]

 

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、カレコ入会すると2か月間の月会費が無料に。さらに2,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

 

近くにオリックスカーシェアのカーステーションがあれば、dカーシェアがおすすめ!

「dカーシェア」の公式HPへ

<2020年5月29日追記>
「駅探バリューDays」というサービスを利用して、dカーシェア入会すると3,000円分のクーポンをゲットできます。
「駅探バリューDays」を利用すると「がっつりお得に」カーシェア入会が可能!

【関連記事】

最近、どんどんカーステーションを増やして、勢いに乗ってきているカーシェア会社「カレコ(careco)」。カレコは車種数がダントツ、平日プランが激安、月額無料プランもあり、早く返却すればその分安くなる、など、利用者にニーズにあった各種サービスを提供中です。当サイトでは、カレコの会員登録手順を一つ一つわかりやすく紹介いたします。
dカーシェアの月額料金は0円。そんなdカーシェアの会員登録方法を紹介。登録・審査にかかる時間は30~45分くらいでスマホで簡単登録。会員登録の画面を紹介しながら手順を示します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする